ボトックス

Dr.Spa Clinic FILORGA EB 専門サイト

目の周りやお顔のリフトアップに! ペレヴェ

オートクチュールメルティスレッド

DrSpaClinic OnlineShop ドクタースパがおすすめする医療機関限定のスキンケアコスメやサプリメントが購入出来ます。

フェイスリフト手術について
施術メニュー

ドクタースパの美容手術修正センター。

e症例カンファレンス

ドクタースパの「フェイスリフト」質問コーナー

ドクタースパのたるみ相談所

ボトックス注射

BOTOX治療 表情じわはボトクス治療でスピーディーに解消できます。

ボトックス注射:ボツリヌス治療とは

ボツリヌス治療とは、おでこや眉間や目尻など、筋肉(表情)を動かすことで、いつのまにか、自然に出来てしまうしわ、表情じわと呼ばれるしわに対して、天然のタンパク質を注射することで、筋肉をリラックスさせ、しわを解消する施術のことです。
世界各国、20年以上の実績のある、手軽に出来るしわ治療の方法で、施術時間も短く、施術後3日くらいから効果をご実感いただけます。

表情じわが出来てしまう原因

眉をひそめて考えごとをしたり、笑ったときに目尻によってしまうしわ。
これら、表情じわと呼ばれるしわは、肌にハリがあれば、一時的に出来るだけですが、年齢を重ねるにつれしわがそのまま残るようになってしまいます。
これは、肌の主な構造タンパク質であるコラーゲン、肌の弾力を保つエラスチン、肌にボリュームをもたらすヒアルロン酸といった肌を構成する成分が年齢とともに減少することに関係があります。
また、加齢とともに原因にあげられるのが、日光・喫煙習慣・ストレスといった環境要因もしわができやすくなる要因です。

ボトックス注射:ボツリヌス治療の適用範囲

【しわの改善】

●おでこ、眉間のしわ ●目尻のしわ(カラスの足跡) ●鼻根のしわ ●オトガイのシワ(梅干しアゴ)

【その他の効果】

●咬む筋肉を弱め、エラ(咬筋)を細くする小顔効果 ●ガミースマイル改善 
●口角UP (柔らかい表情になりたい、又はアヒル口を希望という方に)
●リフトアップ ボトックスリフトと呼ばれるリフトアップ治療
 など、様々な範囲で適用できます。

ボトックス注射:ボツリヌス治療による症例写真

  • おでこに対してのボツリヌス治療
    施術後3か月経過した写真です。
    おでこのボツリヌス治療は、技術や経験のない医師が行うと、無表情になってしまったり、眉毛をあげづらくなるなど日常生活に支障をきたしてしまう場合もありますので、技術・経験のあるドクタースパへお任せください。
  • うめぼしアゴに対してのボツリヌス治療
    アゴに力を入れた写真ですが、施術後は、いわゆる梅干しがなく、きれいなまま保たれています。特に口の動き等に違和感はなく、支障もありません。
    また、オトガイ筋がリラックスされることで、アゴもやや突出するため横から見たフェイスラインがキレイになる効果もあります。
  • エラ(咬筋)対してのボツリヌス治療
    咬む筋肉にボトックス注射をすることで、咬む筋肉が弛緩されますので、咬筋(エラ)が退縮され、角ばった顔が改善され、小顔効果も期待できます。
    歯ぎしりや食いしばりがひどい方にもおすすめの治療内容です。
    ただし、本格的に歯ぎしり解消を望む場合には、当院独自の方法によりボツリヌス治療を行います。
    詳細はページ下の歯ぎしり改善箇所をご覧ください。

ボトックス注射:ボツリヌス治療 料金

ボトックス注射 額 54,000円
ボトックス注射 眉間 43,200円
ボトックス注射 目尻 54,000円
ボトックス注射 咬筋 86,400円
ボトックス注射 頤 43,200円
マイクロボトックス注射 75,600円

ページトップ

BOTOX治療 歯ぎしり・食いしばり・それに伴う頭痛解消

BOTOX治療 歯ぎしり・食いしばり・それに伴う頭痛解消

歯ぎしり・食いしばり解消のためのBOTOX治療

われわれ美容外科医は、ボトックスを美容目的に使用することがほとんどですが、もともとは眼瞼痙攣の治療に使われていたり、最近は頭痛の治療に使われるなど多方面に応用されています。
私が注目して良く行っているのは歯ぎしりに対するボトックス注射です。

夜寝ている間、本人は気付かなくても歯ぎしり、食いしばり、噛みしめをしている人がいます。
こういった方は朝起きたときに顎に疲労感を感じ、顎関節症や歯のすり減りなどの症状が出てくる場合もあります。

歯ぎしり・食いしばり解消のためのBOTOX治療

歯ぎしり・食いしばり解消の施術ポイント
【歯ぎしり・食いしばりの原因と解消方法】

歯ぎしり・食いしばりの原因は、咬むための筋肉、すなわち咬筋や側頭筋の異常な収縮による場合が多く、その結果、こめかみにも痛みを示す場合があります。

こういった患者様には通常のエラボトックス(小顔ボトックス)によって咬筋を緩めると同時に、側頭筋にもボトックス注射を行う必要があります。
その結果、歯ぎしりが軽減するとともに頭痛まで治ってしまうケースがたくさんあるからです。

施術ポイント

左の図の 1:側頭筋 2:咬筋 の箇所にBOTOXを注入することで筋肉の働きを弱め、歯ぎしり・食いしばり解消を行います。
2への咬筋へのアプローチは良く行われている施術内容ですが、1への側頭筋へのアプローチについては、医師の経験が必要となります。
ドクタースパ・クリニックではこの治療を長年行ってきておりますので
お気軽にご相談ください。

歯ぎしり・食いしばり BOTOX治療 治療スケジュール

4か月に1回くらいのペースで4~5回行うと施術が不要になる程度まで改善される方もいらっしゃいます。

外国ではかなり普及している方法ではありますが、注入量に注意しないと通常の咀嚼機能が制限され噛みにくくなったりすることもありますので専門医に相談される方がよろしいでしょう。

歯ぎしり・食いしばり BOTOX治療 料金

歯ぎしり・食いしばり BOTOX治療 129,600円

ページトップ

美容外科 ドクタースパ・クリニック 0120-022-118
ご予約フォーム
住所:150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-21-4代官山Parks2F

地図・アクセスページはこちら