スキンケア

目の周りやお顔のリフトアップに! ペレヴェ

オートクチュールメルティスレッド

DrSpaClinic OnlineShop ドクタースパがおすすめする医療機関限定のスキンケアコスメやサプリメントが購入出来ます。

フェイスリフト手術について
施術メニュー

ドクタースパの美容手術修正センター。

e症例カンファレンス

ドクタースパの「フェイスリフト」質問コーナー

ドクタースパのたるみ相談所

悩み別アンチエイジング方法のご紹介

しみ・しわ。たるみ ドクタースパが老化の原因と対処法についてお教えします

<老化の三大兆候と治療方法について>

年齢を重ねることで発生するしみ・しわ・たるみ

老化の兆候は、しみ、しわ、たるみが三大徴候です。
この三大徴候を簡単に表すと、しみは色調の老化、しわは性状(質感)の老化、そしてたるみは形体の老化ということができると思います。
しみはレーザー機器の発達、薬剤の利用等によりかなり改善するようになってきています。
しわについては、その部位や種類によりますが、ボトックスのしわ治療への応用、ヒアルロン酸、コラーゲンその他の注入剤の発達と注入技術の進歩によって、これも克服されつつあるということが言えます。
たるみについても高周波治療器やその他の機械による治療が発達し、一時的ではあってもかなりの程度まで改善させることができるようになってきています。ただし、本格的なフェイスリフトによる改善には及ばないという点については言及しておかなければなりません。
ここでは、皆様のこういった老化の悩みに対しどんな治療方法があって、今どの治療方法を選択することがあなたにとって一番良いのか?を説明しております。
あなたのお悩みに応じた項目をご覧になっていただき、ご参考にしてみてください。
アンチエイジング治療はお気軽に当院までご相談ください。

シミュレーションソフトを使用した若返りと老化イメージ

下記は、私の現在の写真をシミュレーションソフトにかけてみて作成した、若い頃、現在、近い将来、将来とを表したイメージ画像(顔の表情のみ)です。 それぞれの写真を比較することで「若くみえる」「老けてみえる」がどういう現象かを検証していきます。

  • 【若い頃】

    眉尻があがり、目も大きくなっています。
    また、口角もあがって、肌全体のトーンが現在と比較して明るくなっているのが分かります。

  • 現在

  • 【近い将来】

    目尻が下がり、法令線が目立つようになり、口元も下がって、表情が暗い印象に変わっています。
    また、口まわりのふくらみもなくなって(コラーゲン・エラスティンの減少による)すぼんできているが分かります。

  • 【将来~数十年後】

    全体的に、各パーツが下へ、たるみが大きく発生しています。
    眉尻、目尻、目の下のくぼみ(頬の下垂による現象)、口周りのしぼみ。
    しみが顔中に発生。
    老化の3大要因が如実に表れているのが分かります。

先ほども説明したような、「老化の三大兆候」の特徴が非常によく表れています。 ドクタースパ・クリニックでは、このような見地からも「若くみえる」「抗老化とは」を検証し、アンチエイジング治療を提供しております。

悩み別・部位別  症状とアンチエイジング治療方法のご紹介

  • しみの治療方法
  • しわの治療方法
  • たるみの治療方法
し み
しみ
<治療方法>

レーザー治療
内服薬
外用薬

<症状>

顔面の一部に局所的な色素の増量がおこった状態を‘シミ’と呼んでいるが、シミといっても様々で、ご本人はシミだと思っていても‘アザ’であったりすることも多々あります。
したがって、それらの色素異常を慎重に診断したうえで疾患ごとの治療を行うことが重要です。
代表的なシミ・アザには次のものがあり、それぞれに治療法が異なります。
・遅発性太田母斑様色素斑(ADM)
・雀卵斑(そばかす)
・肝斑
・老人性色素斑
・日光角化症

<治療方法>

まず、診断によりその疾患が明らかになったら治療になりますが、内服薬や外用薬とレーザー治療の組み合わせによって行うことになります。ただし、疾患よってその使い方が異なるため注意深く観察しながら治療していくことが大切です。
レーザー治療というと一度でキレイに消えると思っている方が多いようですが、実際はかなり時間がかかることもあります。また、患者様自身のお家でのホームケアが大事になってくる場合もあります。

ページトップ

し わ
おでこの横ジワ
<治療方法>

・ボトックス注射
・前額リフト

<症状>

上瞼の開きが加齢とともに少しずつ悪くなると、それを代償しようとして額の筋肉(前頭筋)を使って目を大きく開けようとします。その動きが長期間繰り返されますと、額に横に長いシワガ数本入ってきます。

<治療方法>

これに対する治療はボトックスが最も簡単で効果的です。シワの部分に5~6か所ボトックスを注射しますと、数日間でシワはほとんど消えてしまいます。この状態は通常4か月~6か月継続します。
手術的に直す場合には、前額リフトという方法を行います。フェイスリフトのひたい版です。これにもいろいろな方法がありますが、患者様の状態と状況に応じて術式を選択しています。

眉間の縦ジワ
<治療方法>

・ボトックス注射

<症状>

いわゆる、しかめっ面をすると左右の眉の間に縦に入るシワですが、これも繰り返しているうちにはっきりとしたシワになっていきます。

<治療方法>

これもボトックスの良い適応です。皺眉筋という筋肉の一部にボトックスを注射すると、この筋肉の動きが止まって、シワガ出なくなります。ただし、これも効かせすぎると怒っていても怒ったように見えないことがあります。

目じりのシワ(カラスの足跡)
<治療方法>

・ボトックス注射

<症状>

これは笑った時に出るしわで、目尻のところからカラスの足跡のように指を広げたような形に出ますのでこの名前が付けられています。

<治療方法>

これもボトックスの良い適応です。眼輪筋という筋肉の一部にボトックスを注射すると、この筋肉の動きが止まって、シワガ出なくなります。ただし、あまり強く効かせてしまうと笑っていてもあまり笑っていないようにみられてしまうことがあります。

目の下のシワ
<治療方法>

・メソセラピー
注入療法(コラーゲン、ヒアルロン酸、PRP、自己脂肪)
下眼瞼除皺術

<症状>

この部分のしわの出方は複雑です。脂肪の袋が飛び出してきたような形でタルミジワが表れる人。袋の飛び出しはあまりないがその下のくぼみがくっきりと溝になっている人。それらが組み合わさって出てきている人など様々です。したがってその状態によって治療法を変えなければなりません。

<治療方法>

この部分はその老化形態によって、治療法を選択して行う必要があります。細かいシワであればメソセラピーという保湿成分や皮膚成長因子などの注入療法を選択する場合もあります。コラーゲンやヒアルロン酸の注入が選択される場合もあります。脂肪注入をする場合もあります。さらに下眼瞼除皺術といって余剰な皮膚を切り取ったり、飛び出してきた眼窩脂肪を取り出す場合もあります。

法令線(naso-labial fold)
<治療方法>

・注入療法(ヒアルロン酸、自己脂肪)
フェイスリフト(特にミッドフェイスリフト)
・スレッドリフト(シルエットリフトケーブルリフト
サーマクール

<症状>

頬の脂肪や筋肉が下垂してくると、いわゆる法令線というシワが出てきて、それよりも上に脂肪がたまってきます。脂肪がたまるとそのシワの部分の谷が深くなることになってより目立ってきます。

<治療方法>

下がってきた脂肪や筋肉を引き上げて、若いころの位置に戻してやる必要があります。しかし、これを効果的に行うためには手術的な方法で引き上げを行う必要があります。フェイスリフトという方法です。その中でもミッドフェイスリフトという方法が最も効果があります。手術はちょっとという方のためには法令線の下層にヒアルロン酸などを注入することによりこの谷を浅くして溝を目立たなくさせる方法もあります。簡単な手術ならOKという方には特殊な糸を使ったリフトがお勧めです。

マリオネットライン
<治療方法>

注入療法(ヒアルロン酸)

<症状>

腹話術の人形のように、左右の口角から真下に向かって線が入ったようにできるシワマリオネットラインと呼んでいます。

<治療方法>

主にヒアルロン酸の注入によって目立たなくしています。

ゴルゴライン(Mid-cheek groove)
<治療方法>

・注入療法(ヒアルロン酸、自己脂肪)
・成長因子注射 ( PRP, PRP+bFGF, AAPE, BENEV )
・ミッドフェイスリフト(ケーブル法シルエット法、切開法)

<症状>

頬に存在するmalar fat padという脂肪体が加齢により萎縮しながら下がってくることにより頬のところが斜め下に流れるようにへこんできます。ゴルゴサーティーンの顔に描かれているラインに似ているのでゴルゴ線と呼ばれるようになっていますが、これがあると顔全体がなんとなく暗い感じがしてしまいます。

<治療方法>

へこんでいる部分をふっくらと膨らませて頬の高い部分にハイライトが入るようにすることが治療のポイントです。ふくらみをつくるためにフィラーや自己脂肪を注入したりすることもありますが、根本的な治療は下垂してしまった脂肪を引き上げて若いころの位置に戻すことです。いわゆるミッドフェイスリフトを行うことでも改善します。

ページトップ

たるみ
<症状>

タルミは重力による影響を顔の組織が支えきれなくなって発生するものです。そしてそのタルミを最初に感じる部位は人それぞれ違うため、その治療は単純ではありません。目の下のタルミを最初に感じる人もいれば、法令線を最初に気にする人もいます。さらにJowlと呼ばれる顎のラインのたるみを気にする人もいるわけですから。私はまずその人が気にするところから直していくことを基本にしています。

<治療方法>

タルミの部位、タルミの程度、ご本人の希望や状況によっていろいろな選択肢があります。レーザー(レーザーシャワーなど)や高周波(サーマクールCPT)を使ったものから、糸を用いて行うファインフェイスアップ、特殊な糸を使って引き上げるスレッドリフト(ケーブルリフトやシルエットリフトなど)、さらに切開して組織をしっかりと引き上げ、余った皮膚を切除する本格的なフェイスリフトなどたくさんの方法があります。この中から患者様に一番適した方法を選択し行います。また、タルミだけが老化の症状ではなく、皮膚のハリや、色調、キメなども大きな年齢要素であるため、こういった皮膚症状に対する処置も当然必要になってきます。

以下、タルミについて顔全体と各部位にわけて説明します。

顔全体のたるみ
<治療方法>

・化粧品
イオン導入
レーザー
サーマクール
ファインフェイスアップ
スレッドリフト
フェイスリフト

<症状>

ここでは、部位を関係なく全体になんとなくたるんできたという方から、全体がかなりたるんできて輪郭が四角くなってきた方までについて扱っていきたいと思います。

<治療方法>

ごく軽く、張りがなくなってきたためにたるんだように見えてきた人には、まずお肌の張りを取り戻す施術を行います。たとえば保湿成分たっぷり入った化粧品を使っていただくことから始めて、さらにその成分をイオン導入する方法。レーザーにてお肌の引き締めを行う方法。サーマクールを使ってさらに引き締めを強く行っていく方法。ファインフェイスアップで引き締めと引き上がりをもたらす方法。特殊な糸のスレッドリフトにより実際に下がった組織を引き上げる方法、さらに、切開をして組織を十分に引き上げ、余った組織は切り取ってしまう本格的なフェイスリフトまで、患者様の状況と希望によって選択して行います。

額のたるみ(眉毛下垂)
<治療方法>

・ボトックス注射
前額リフト(内視鏡下、直視下)

<症状>

額の皮膚がたるんでくると、眉毛の位置が下がって、結果的に上瞼の皮膚が余って被ってきます。タルミと同時に横にシワがくっきり入ってくることも多く見られます。

<治療方法>

この部分の治療はボトックスが第一選択となりますが、この場合はシワは十分に取れますが、眉毛の位置は変わらないか少し下がることになります。したがってボトックスでは目の上の被りは取れません。これを改善させるには前額リフトが必要になります。前額リフトにもいくつか方法があり、切開を最小限にして内視鏡を用いて行うものから頭皮内を弧状に切開してしっかりと引き上げ余剰な皮膚を切除して縫い合わせる方法まで様々です。切開の位置を生え際に置くものと、生え際から数センチ後方の頭髪内に置くもの、剥離する層も骨膜上で行うものから皮下で行うものまで様々です。

目の上のたるみ
<治療方法>

埋没式重瞼術
上眼瞼除皺術(眼瞼切開)
上眼瞼除皺術(眉下切開)

<症状>

目の上の皮膚は加齢とともに少しずつ下がってきますが、これがひどくなると目にかぶさって視界不良になったり、肩こり・頭痛の原因となったりします。同時に瞼を引き上げる眼瞼挙筋という筋肉の働きも弱まり、それを補おうとして額にシワを寄せて眼を大きくあこうとするため、額の横ジワがしっかりと入ってきます。

<治療方法>

たるんで余ってしまった皮膚を切り取る必要があります。軽度のタルミの場合には切り取らなくても埋没法によってしっかりとした二重の折り目を現在より少し上に付けることで解消される場合もあります。

目の下のたるみ
<治療方法>

メソセラピー
成長因子注入
注入療法(コラーゲン、ヒアルロン酸、自己脂肪)
眼窩脂肪切除術(結膜から)
下眼瞼除皺術
下眼瞼除皺術+中顔面リフト

<症状>

目の下のタルミはかなり個人差がありますが、これは眼球の突出度に大きく影響され、いくつかにタイプ分けされると思います。①バギーアイリッドといって目袋が飛び出してくるタイプ ②目袋の飛び出しはそれ程でもないがティアスルーフと呼ばれる溝がはっきりしてくるタイプ ③ ①と②の両方共がハッキリ表れてくるタイプです。それぞれのタイプによって微妙ですが治療法も変わってきます。

<治療方法>

軽度のタルミの場合は、メソセラピーや成長因子の注入により、肌の張りを取り戻してタルミをとっていきます。また、目袋が目立つ場合には注入による方法で飛び出しを目立たなくしたり、溝を埋めてしまう方法など、まずは切らないでダウンタイムの少ない方法が選ばれることが多いです。目袋のみが極端に目立つ場合にはその部分の脂肪のみを結膜側(表は切らないで裏側から)からとって、ふくらみを目立たなくする方法もありますが、皮膚に弾力性がないと皮膚に余りが生じてむしろ小じわが目立ってしまうこともありますので適応が限られます。脂肪も切除し、皮膚の小じわも無くすということになると下眼瞼除皺術という手術になります。睫毛のわずかに下を切開しますので、傷跡はほとんど目立たなくなります。その際に同時にLid-Cheek Junctionと呼ばれているくぼみ部分を修正すると下瞼から頬にかけての中顔面全体の若返りが得られます。

目の下のクマ
<治療方法>

外用薬
目の下のタルミ取り手術

<症状>

目の下のクマも他人に老けた感じを与えてしまう大きな要因の一つです。クマというのは、その部分の皮膚の色が何らかの原因で暗くなる現象です。暗い色のために疲れた印象や暗い印象を他人に与えてしまい、何とかしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?また、普段、元気のある時は出ないが、寝不足や疲れているときだけでるという方もいらっしゃいます。

<治療方法>

クマの原因はいくつかあります。一つはその部分の血行が悪く、うっ血を起こし青っぽく見える場合です。またその部分に実際に色素沈着を起こしていて暗く見える場合もあります。また、その部分が凹んでいて光の関係で陰になって暗く見える場合もあるわけです。それらが重なり合ってクマをつくっている訳ですので、その原因を突き止めそれらに対する治療をする必要があります。うっ血の場合は血液の流れを良くしてやる必要があります。マッサージや血流を改善する成分の入った塗り薬などを使います。色素沈着にはハイドロキノンなどの塗り薬を使います。陥凹が原因の場合はその窪みを無くすような手術的な操作を行う場合もあります。目の下のタルミ取り手術を行うことでクマが改善する場合もあります。それらすべてを組み合わせて行う場合もあるわけです。  

頬のたるみ
<治療方法>

ヒアルロン酸注入による頬の膨らませ
・自己脂肪による頬の膨らませ
シルエットリフト
ケーブルリフト
ミッドフェイスリフト
注入とリフトの組み合わせ治療

<症状>

頬のタルミについてもその症状は個人差があります。大きく分けると①ふっくらしたままたるんでくるタイプと②ほっそりゴツゴツとたるんでくるタイプの二つです。どちらも頬に存在しているメーラーファットと呼ばれる脂肪体の萎縮と下垂が大きく影響していますが、それぞれのタイプで治療法はかわってきます。②のタイプの場合、ゴルゴ線と呼ばれる頬の真ん中を目頭に近くから斜め下の方向に流れるくぼみを認めることが多く、これが老けた感じを目立たせてしまいます。

<治療方法>

それぞれのタイプによって治療法が変わってきますが①の場合にはタルミの主体であるメーラーファットを何らかの方法で引き上げると良い結果をもたらします。②の場合には引き上げるだけでは効果が乏しく、前述のゴルゴ線にあたる陥凹部分に何かを注入したりすることによって膨らませてあげることが必要になってきます。膨らませたうえでその部分全体を引き上げるととても効果的です。

顎のラインのたるみ
<治療方法>

サーマクール
ファインフェイスアップ
・ボトックスリフト(マイクロボトックス法)
顎下部脂肪吸引
ロウアーフェイスリフト
フェイスリフト

<症状>

顎のあたりの皮下の脂肪が重力と皮膚の緩みのために下がってきて、若いころは逆三角形だった顔の輪郭が四角くなって来たり、二重顎のような状態になってきたりします。その結果、顔と首の境目がはっきりしなくなり、結果的に顔が全体に大きくなった感じになります。

<治療方法>

下がってきた脂肪組織を引き上げたり、何らかの方法で脂肪を引き締めて顎のラインをシャープにしたりして治療しています。最も効果的なのは本格的なフェイスリフトを行いながら溜まってしまった脂肪組織を吸引などで取り除いてしまうことです。

首のたるみ
<治療方法>

注入療法(ヒアルロン酸、成長因子)
サーマクール
・ボトックス注射
・ボトックスリフト
頸部脂肪吸引
ネックリフト
ロウアーフェイスリフト
フェイスリフト

<症状>

首のタルミによってカラー状にシワが入る場合と、ターキーネックといって首に縦にツッパリ状のひだが出る場合があります。それぞれで治療方法は異なります。

<治療方法>

カラー状に横にシワガ入った場合には、首の皮膚を引っ張り上げてもそのシワはなかなか取れません。シワの部分に成長因子の注入やヒアルロン酸などの注入を行ってあげるとかなり目立たなくなります。縦ジワに場合はそのひだ状になった部分にボトックス注射を行うとそのひだが取れて効果的です。なんとなく頸部全体に張りがないような場合にはボトックスリフト(マイクロボトックス)といって、ボトックスを少量ずつメソセラピーのように頸部全体に注射する方法が効果的です。その他状況に応じて下記のような方法がありますが、首の引き上げを伴うフェイスリフトを行うのが最も効果的と言えます。。

ページトップ

美容外科 ドクタースパ・クリニック 0120-022-118
ご予約フォーム
住所:150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-21-4代官山Parks2F

地図・アクセスページはこちら